まっさんの手記

カメラ少々、写真少々、オートバイ少々、日常少々

【実証】一人でディズニー楽しめるかな?【レポート】

皆さんこんにちは、まぁぽんです。

ディズニーランドって行ったことありますか?

 

ディズニーランドって?

言うまでもないでしょうが一応。言わずと知れた夢の国。千葉にある遊園地ですね。

デートや家族旅行、卒業旅行に行く人が多いのではないでしょうか。

 

突然なんですけど僕はここに一人で行きました。

元々ディズニーランドには久々に遊びに行きたいなと思っていました。

別に一人で行きたかったわけではないんですが、誘える友達も彼女もいなかったので

どうせならネタにもなるしってことで一人で行っちゃいました。笑

 

この記事で「孤独だから一人ディズニー挑戦したいけど、行きづらい…」

という男の背中を押すことができれば嬉しく思います!

 

結論から言います。一人ディズニーはおおいにアリです。

以下にその理由を述べていきます。

 

…とその前に。

 

まずは入園!

手荷物検査を済ませ、1dayチケットを大人1枚で購入。

チケットを自動改札みたいな機械にかざして入園。

f:id:malpinestars:20141118214110j:plain

入るとこんな感じ。入って早々人だかりが…と思ったら記念撮影じゃん。

大荷物がある場合は、コインロッカーに預けましょう。

ここに来るのは何年ぶりでしょうか。確か中学生の時に来たのが最後ですね。

ちなみにこの日は平日です。僕、混雑する場所が死ぬほど嫌いなんですよ。笑

では、ここから「一人ディズニーがアリな3つの理由」です。

 

理由その1:どこを切り取っても絵になるから写真の撮影が楽しい!

f:id:malpinestars:20141118214437j:plain

まずはワールドバザール、シンデレラ城。

一人でカメラだけ持っていき景観を写真に収めながら練り歩くだけってのもアリ。

遊園地はこうでなくちゃいけないという固定観念を捨て去りましょう。笑

f:id:malpinestars:20141118214724j:plain

園内は建造物や小道具など細部まで作りこまれており、

隅々まで見てみると色々な発見があります。

f:id:malpinestars:20141118214843j:plain

また、昼と夜で景観が変化するので二度美味しいですね。

 

理由その2:誰もお前のことなんか見てないから!

f:id:malpinestars:20141118221604j:plain

一人でいるからといって居心地の悪さを感じることはありませんでした。

元々孤独に慣れてるっていうのはあるんですけど。

それにね、結構見かけますよ。一人で来てる人。ざらにいます。

僕と同じようにカメラを抱えた男の人だったり、女の人もたまに見かけます。

誰もあなたのことなんか見てないし、思い切り楽しんじゃってください!

自分のことを惨めだと思っちゃダメです。

 

理由その3:とにかく自由!

f:id:malpinestars:20141118221417j:plain

サンタさんの帽子をかぶって自撮り

 

一人でいれば好きなアトラクションに乗って、

自分のペースで休憩・食事をとることができます。

特に僕は疲れやすくて協調性がなくて孤独な人間なのでここは大きいですね。

 

好きなアトラクションだけに乗って、疲れたら一人

ベンチに座ってポップコーンでもムシャムシャしながら、

行き交う人々を眺めてみましょう。

 

【一人ディズニーのメリット】

  • 同行者に気を遣うことなく「自分さえよければそれでいい」感をガンガン出せる

これに尽きます。休みたくなったら休み、乗りたいアトラクションに乗り、

食べたいものを食べ、帰りたくなったら退園する。究極の自分勝手ですよ。

 

【一人ディズニーのデメリット】

  • 平気なつもりでもやっぱりふとした瞬間に寂しくなる
  • アトラクションの待ち時間に話し相手がいない
  • 何かと不便 例)両手使いたいときに荷物持ってもらったりとかできない

うーん、孤独と不便さばっかりは仕方ないですね。慣れてるつもりでも、

寂しくならないわけではないんです。アトラクションについては

ファストパスで解決できるのでしょうか?ちょっとよくわからないです。

 

まとめ!アリだぜ一人ディズニー!

f:id:malpinestars:20141118215537j:plain

一人ディズニーはおおいにアリです。

襲い来る寂しさを乗り越えて新しい世界を見つけてください。

大切なのは「一人で居て笑われないかな」や「遊園地ではこう過ごさなきゃ損」

などといった卑屈さや固定観念を捨てて「一人でも楽しもう!」

という気持ちを持つことです。それさえあれば人数など関係ありません。

ミッキーマウスも微笑みかけてくれるはず。

f:id:malpinestars:20141118222207j:plain

あなたも挑戦してみては?

 

 

関連記事

 一人猫カフェ

猫カフェ初体験してきた! - まぁぽんの手記

 東京ディズニーランドのすぐ近く。

葛西臨海公園に行ってきた! - まぁぽんの手記