読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっさんの手記

カメラ少々、写真少々、オートバイ少々、日常少々

人と話すことは鏡に映った自分を見つめることのよう

皆さんこんにちは、まぁぽんです。

 

f:id:malpinestars:20141101184015j:plain

タイトルに書いたことなんですけど、僕はふと思いました。

昨日、通っている学校の学祭に行ったんですよ。

去年までは学祭といったらサークルの出し物で右往左往あー忙しい忙しい!

というような過ごし方だったんですけど、今年は違いました。

 

サークルを抜けたからです。働くためではなく、遊ぶために学祭に行ったのは

今年が初めてです。誰の指図も受けずに回りたい所を回りました。

 

そこでは久々に会うサークルメンバーやサークルOBが多く、色々と話したわけです。

1日に10人以上の人と会話しました。何ヶ月ぶりでしょうか?

人と話している時、意外と自分も饒舌になれるんだなと思いました。

そんななか、僕は言われてしまいました。

 

「大学を辞めてしまったんじゃないかと思った」

「ちゃんと生きてる?」

 

ちょっとした衝撃。ああ、俺ってそんな風に見えてたんだな、と。

他人は 自分じゃ見えない自分のことを教えてくれる鏡です。

 

…人と話すことは、鏡に映った自分の姿を見つめることのようです。

広告を非表示にする