まっさんの手記

カメラ少々、写真少々、オートバイ少々、日常少々

出会いとゆるやかな別れ

皆さんこんにちは、まぁぽんです。

今日はちょっとした出会いと別れの話。

 

出会い

出会いってのはDトラ125との出会いです。

僕とDトラ125の出会いは去年にさかのぼります。

ぶっちゃけ、技量的体格的に無理なく乗れるバイクなら

ほぼなんでもよかったんです。トリッカーあたりも候補に入ってました。

そんな中GooBikeを見ていると近くのバイク屋にあるではないか。Dトラ125。

見つけた時点でほぼ購入を決めました。何はともあれ実物を見てみようじゃないか。

 

そして見る。決める。店員さん呼ぶ。当時働いていたコンビニのバイト代も

あったので、トントン拍子でした。

 

納車後の日々

つーわけで納車。久々にバイクってこんなに楽しかったっけ?

って思わせてくれました。タイヤは小さくて怖いけど。

 

Dトラ125は何から何まで僕にフィットするマシンでした。

 

納車後はクリスマスツーリングに参加したり、近所を探索したり、

千葉に行ってみたり、クリスマスツーリングをしてみたり、帰省に使ったり、

本当にガッツリ走ってる人に比べたら全然なんですが、色々やったと思います。

 

最近は全然乗ってません。実家に置いてあるからです。

夏に帰省したままそれっきり置いてきました。

 

バイクがなくても

はっきり言って僕、バイクなしでも平気で過ごせちゃうんですよね。

RZに乗ってた頃みたいに乗れなくてストレスになるってことがないんですよ。

 

バイクに対する熱が冷めたっていうよりは

自分の中で折り合いがついた感じに近いですね。

移動には公共交通機関を使えばいいし、(今いるのが都会だから)

乗らなくても他にやりたいこと楽しいことがあるっていうような。

今では、若いのにバイク以外に楽しみがないっていう人が

かわいそうに見えちゃうほどです。

 

僕はこれから大学を出るまでバイクに本腰入れることは恐らくないと思います。

それどころが就活の費用を捻出するために売ることも考えてます。

 

頭のなかがバイクのことでいっぱいな日々

思えば上京する前からバイクのことで悩みっぱなしでした。

大学に入る前はバイクが置けるアパートがなかなか見つからなくて

ああ俺はもうバイクに乗れないんじゃないかってひどく落ち込んで、

ようやくアパートにバイクを置くようになってからも暇がなくてなかなか乗れなくて

こんなんじゃバイクに悪いしきっぱり降りることにしたほうがいいんじゃないかって

思って、その頃から「バイク乗り」も嫌いになり始めました。同族嫌悪です。

「バイク乗りって迷惑考えない走り屋とか、趣向を押し付けてくるおっさんとか、集まってウェイウェイうるさいバカ共とかそんなんばっかだろ!どいつもこいつも死ね!」って思うようになっちゃいました。笑

恐らく防衛機制だったんでしょうね。その頃から

「バイクに乗らなくても平気な自分」が構築され始めていたように思います。

 

ゆるやかな別れ

それまではバイクだけが僕の自己実現の手段でした。

それゆえに、悪い意味でバイクのことで頭がいっぱいでした。

自己実現が叶わないわけですから。今では、そんな僕はもういません。

 

気づいたらバイクなしでも平気で生きてました。

バイク無しでの生き方を見つけることに成功したわけですね。

 

でも、いつかまたバイクに本腰を入れる日は必ずくると思ってます。

今までの経験と自分の性格を踏まえると、必ず、です。笑

何度もバイクを降りようとしましたけど、なんだかんだ乗ってたわけですし。

だからこそ今、悲しまずにバイクから離れることができるんだと思います。

ていうか気づいたら離れてました。

 

まとめ

気の赴くままに書いてみたんですけど、これ、どうまとめたらいいんですかね?

記事をまとめる技術もいずれ身につけたいですね。ああ、まとまらない。

どういう形で終わったらいいんだ?収拾つかねえ。

 

 

 

それではノシ

広告を非表示にする