読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっさんの手記

カメラ少々、写真少々、オートバイ少々、日常少々

【コスパ最強】北海道ツーリングに使用したシュラフ(寝袋)を紹介!

こんにちは、まぁぽんです。

今日は先の北海道ツーリングに使用したシュラフを紹介します。

 

キャプテンスタッグ アクティブマミーシュラフ600グリーン

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アクティブマミーシュラフ600 グリーン[最低使用温度5度] M-3438

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アクティブマミーシュラフ600 グリーン[最低使用温度5度] M-3438

 

  価格はAmazonで2014年9月28日現在2550円。安い!

 

夏でも北海道の夜は涼しいだろうってことで

3シーズン対応で最低使用温度5度とそこそこ涼しくても使えるものをチョイス。

結果、これは正解でした。 

 

ただここでいう最低使用温度っていうのは

この温度までならぎりぎり凍死せずに使えますよー

っていうものなので、シュラフを探すときは注意です。

コイツで5度の中で寝たら寒くて死ぬ思いをすると思います。

 

使ってみよう

付属の袋から出します。

f:id:malpinestars:20140928175832j:plain

広げてみるとこんな感じ。マミーって感じの形ですね。

f:id:malpinestars:20140928180009j:plain

手触りはあれです。そんなに厚くなくて、ユニクロのダウンジャケットみたいな感じ。 

シュラフの素材にも確か色々なものあったと記憶しているんですが、

ここでそれらについては特に述べません。興味のある方は検索してみてください。

f:id:malpinestars:20140928181247j:plain

 

ガタイのいい人にはキツいか?

f:id:malpinestars:20140928180411j:plain

僕は身長が158cmと小柄なほうです。

入ってみて窮屈といった感じは全くありませんでした。

170後半でガタイのいい人だとちょっと苦しいかもしれません。

 

寒さと暑さに瞬時に対応!

寒いときは首元に2箇所ゴム紐が入っていて、そこを絞めると風が入らないようにできます。

f:id:malpinestars:20140928180551j:plain

逆に暑ければシュラフ横側にあるファスナーを開けて、空気が入るようにすることが可能。

f:id:malpinestars:20140928180701j:plain

テントの中ってわりと蒸れるんですよ。

僕は暑がりなのでシュラフの中に入らずにシュラフの上で寝た日もありました。

北海道で宿泊するときの服装ですが、僕は大体 上Tシャツ 下スウェットパンツ でした。

使った後は丸めて付属の袋に詰めて、コンパクトに。バイクに積載しやすいですね。

f:id:malpinestars:20140928180955j:plain

右の文庫本はサイズの比較用です。 

 

まとめ、キャンプ入門には最適!

初めてのキャンプツーリングに使用しましたが、大活躍してくれました。

これからキャンプツーリングしようかなーって方もとりあえず買っておいていいと思います。

長期の使用に耐えうるかどうかもこれから試していきたいと思います。

 

 

 

それではノシ  

広告を非表示にする